FC2ブログ

Tous les jours Bon Chic

毎日少しでもいいこと探し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自分のためだけの旅へ。

この仕事を始めて多分初めて。それどころか多分、思いつく限り初めて、「自分のため」だけの旅に、29日から出ます。行き先は、イスラエル、ヨルダン。

聖地巡礼の旅へ。

思えば、患ってもう8ヶ月です。発症してからは8ヶ月半、いや、もっとかな。
ようやくここまで辿り着いた。

その自分のために、誕生日プレゼントで、聖地への巡礼を贈ることにしました。

苦しい時にはどん底にあり、祈れず、十字架の前に座ることも出来ず、座っても空っぽで、まさに「暗夜」を歩いていた私。テレーズは「まだあなたは倒れては行けないのよ」と、アフガニスタンまで出張してその信頼を強くし、私を立ち上がらせ、支え続けてくれました。でも、日本に戻ってから少しずつ身体は変調を来して行った。それに気付いて、赴任先から帰国して、苦しくて、悲しくて、こんな状態になぜなって行ったのか。何も分からず、ただただ苦しいだけの日々を送っていた私。そんな私の奥底で、ゲツセマネで血の汗を流して祈ったイエスが、私を想い、祈り続けていました。私が、この魂を無くさぬように。おん父に、どうか私がこの苦杯を飲まなくても済むように、けれども「御父のご意志が」行われるようにと。

イエス、私はあなたに会いたい。
あなたが生き、あなたが死ぬために歩いた道を歩きたい。

あなたを見たい。あなたに会いたい。
あなたは今も私とともに私の奥底に居られ、こんなごちゃごちゃしたうざったいものを全部取り払ってそこにおいでになられる。けれど私はあなたが見たい。あなたに会いたい。病に冒され、もうすべて投げ出したいとすら思った私のために祈って下さったあなたに会いたい。

あなたを見なくてもあなたを信じられる私は、確かに使徒トマスより幸せかもしれない。けれどイエス、私はあなたを見たい。心の中に居られるあなたに触れ、抱きしめ、抱きしめられたい。その十字架のもとに留まり、そのみ顔を見上げ、あなたの苦しみを頂きたい。

私はだから、心の中に居られるあなたの地上での故郷へ、あなたとともに里帰りします。
あなたの地上での生涯を思い、そして、聖母にこの生涯を奉献すると誓ったこの心を新たにするために。

イエスよ、私はあなたの地上での故郷へ、旅します。
あなたの霊を心に宿して。
スポンサーサイト


  1. 2012/05/17(木) 21:43:30|
  2. 祈りとともに|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<失語ということ | ホーム | ご復活を迎えて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maytetheresemain.blog27.fc2.com/tb.php/700-197f6ff0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。