FC2ブログ

Tous les jours Bon Chic

毎日少しでもいいこと探し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

岐路

今、数え34。満32にして、岐路に立っている、と思う。

思えば15年、よく発症しなかったもんだ。気合いで押し込めて、薬で「対処療法」で抑えて、走って来られた、そこには自分の情熱があった。愛する友人の死に心の整理がつかないまま初めて行ったタンザニアで見た光景は今でも鮮やかに甦るし、あの家で泊まったからこそ、得られたモチベーションって、あったと思う。

I miss you, Ranjita. 今、あなたがいたら、あなたの国がどれだけ美しいか、語れただろうに。あなたがウェディングの衣装を頬を染めながら楽しそうに選んでいた姿が、今でも思い出される。一緒に踊った、Kariyoka Chaman、わたし、今でも踊れるのに。あなたはいない。

あの頃も何度も何度も、実際には倒れながら、見ない振りをしてきた。一番無理が効いたのが、やっぱりFridayをやっていたころだったと思う。だからこそ、その頃の恩師は私を守り立て、励まし、そっといつでも支え続けてくれている。多少アカデミック過ぎて、文化は「身体で感じるもの」と思っている私の方向とは違うながらも、一生懸命に私も頭を使っている。

今、回って来た国々の文化を愛する中で、日本人、ウチナンチュ、ゆんぬんちゅ、というこの自分。私の内側に向き合いながら、どこに行きたいのか。問い直す時期が、来ているのかもしれないと思う。

この業界で生きて行きたい、という想いと共に、訪れて来た国の文化に触れ、日本という国の多彩な美しさを改めて見直し、己を根本から覆すほど、生活のスタイルを変えてしまいたいという欲求にすら駆られる。その国々の「生活」に入り込んで来たからこそ、自分の生活スタイルを見直す。

カーネーションを見ながら、(あのサックドレスを選択しなかったのは絶対間違いや)和装から洋装へ移って行く昭和の時代。まあ、裄は長過ぎるので、着尺では取れません(汗)鯨で二尺ですから(笑)

どう生きて行くか。
どう、この先、与論、琉球、日本の文化を受け継ぎ、そして伝えて行くか。

どの立場で、関わり、生きて行くのか。

今、岐路のように思います。
私自身を根本から、何を愛するのか、それを見つめ直したい。そう、思うのです。




話は変わりますが、つい先日、BS日テレで、老舗ホテルの番組がありますが、ラオスのセタパレスがスポットを浴びました。私の定宿、Day Innのお隣のブロックにある、美しいコロニアル建築のホテル。あの窓から見えた景色が、あまりに懐かしく、ラオスにいるパートナーを、友人たちを思い、涙が止まりませんでした。

実はあのトゥクトゥクのおっちゃん、私がラオスに入って間もない頃、休日出勤で病院まで行ったとき、ぼったくったおっちゃんです(笑)ラオ語が話せるようになってからは、あのおっちゃんのトゥクトゥクは避けました(笑)

チャンパーの花、ドグチャンパー(ドグは、「ドグマイ:花」の略)、別名プルメリアの名で知られる、ハワイのレイにも使われる花。甘い香りのラオスの国花です。チャンパーを見た途端、ぽろっと涙がこぼれて、そこからもう、1時間近く、泣き通しでした。

ああ、ラオスも愛してる。自分でそれを本当に心の底からふつふつと沸き上るのを感じました。

きっと、アフガンのGolden Jail(笑)を写した時には、笑うんでしょうね(笑)でも、あそこもなんだかんだ言って、大好きですけど。
スポンサーサイト


  1. 2012/02/07(火) 22:51:08|
  2. 日々の徒然|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<原点へ 帰る。 | ホーム | スタイル。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maytetheresemain.blog27.fc2.com/tb.php/687-34082652
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。