FC2ブログ

Tous les jours Bon Chic

毎日少しでもいいこと探し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アフガン便り4 その1 なるほど。

信じてくれる人は少ないが、私は人見知りである。

私の現地での働き方のスタイルに、それは多かれ少なかれ影響を及ぼしている。ぐわっとテンションをあげなければ、省庁に行けないので、思い切りインテンシブに省庁に行って、帰って来るとぐったりしている。ということが多い。そうなると持続性が低い。

ところで私の同僚は違う。彼女はぐいぐい外に出て行く。そして粘り強くあちこちを回って情報を取ってくるのだ。

これを比べて、実はこのアサインの最初、凹んで悩んでいた。けれど、あるとき、別のプロジェクトの弊社同僚と話をしていて気がついたことがある。学べば良いのだ。ということ。彼女の粘り強さは、彼女の「追い求める」から来る。それは、私の目標の一つでもある。なるほど!こうやって「求めて」行くのか。ということが分かって来て、自分も外へ外へと出て行くようになって行った。

今まで悩んでいたのが嘘のように、自分から外に出る、行かれないところへは、お願いして相手に来てもらう。自分から手を伸ばす。私はもともと頭が先に回転して口にするので、じっくり考えて思考して、という方ではない。だったら「やっちゃえ」と思う方に身体を動かして行けば良いのだと、そこで学んだ。

追い求める情熱を持つこと。それも彼女を見て、学んだ。

コンサルタントというのは本来「相手の問題を解決するために、現場で共に問題を体験すること」で問題解決の方法を見いだすプロである。が、このアフガンではそれは通用しない。この山積している問題を解決しようとはあまり誰も思っていない。この問題の中で、どうすれば、このプロジェクトが自分たちのものだと認識され、前に進めて行くことができるのかということを追い求めて行かなければならないのだ。

アフガンだからこそ、ということもあるのだろうが。

この短いアサインの間で、どれだけ外に出ていることか。人に会う、省庁に行くから、という理由でたった2着のアフガンスーツを毎日着回している。スーツにならない日がない!要するに、毎日どこかしらに出ている。彼女からの学びがなければこうして毎日外に出て行くということにはならなかったのではないかと思う。

ひとつ「劣等感」から「学びへ」の昇華があった。そして、そこで即決する頭は持っているということも、よくわかった。振り返る暇もなくこの10日間来た。私と彼女は確かにタイプが違うけれど、だからこそ補完し合っている部分も大きい。「友達」にはなれない(笑)かもしれないけれども、思った以上に学ばせてもらっている。ありがたい。

サイト踏査等の話はまた。
スポンサーサイト


  1. 2011/06/15(水) 01:34:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<新しい月、新しい始まり、そして原点回帰へ。 | ホーム | 10日間続いてること。早起き、朝ヨガ、モーニングペーパー。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maytetheresemain.blog27.fc2.com/tb.php/675-4b221127
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。