FC2ブログ

Tous les jours Bon Chic

毎日少しでもいいこと探し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今、できること。

もうブログを読んでいる方の中で関係者もいるのでご存知の方もいると思いますが、

【東北地方太平洋沖地震被災者の方々のために捧げる祈りの集い】

が、3月27日に予定されています。私もアフガンにて事務所から戻り次第ロザリオで参加予定です。
「何かしたい」けど離れているからできない、何か出来ないだろうか、と思っている方。
キリスト教の集いではありますが、ロザリオ持参、と書いてあるところ以外は、恐らく
「歌に乗せて祈りを届けよう」という集いになると思われます。
復興を祈り、信じ、祈りと共に被災地を元気付けよう、と募金も行われる予定です。
もし、「私も参加してみようかな」と思われたら、お近くに参加拠点があれば、
是非参加してみてください。開催場所一覧、がページの一番下にあります。
イベント概要

そして、今、こんな遠くに離れて、私は何が出来るのかと考え、
Facebookにて上記イベントの英語ページの管理をしてみたりしています。
留学から戻って以来ほぼ途切れることなく使っているからこそ使える武器。
この前のiCatholicで祈りをお願いし、こうして翻訳してみたり。
こんなことしかできないけれども、こんなことでも世界中にこのイベントを広げようとしています。

それと、Facebookをやっている方。英語得意だよ、と言う方
世界から日本へ1000のメッセージプロジェクト
これの翻訳ボランティアをFBで一緒にやりませんか。すごい素敵なプロジェクトです。
FBページ
まだ翻訳されていないWall postがあったら、それを日本語に翻訳して、Likeを押す。
そうすると、少し経ってからHPに掲載されるようになり、見ることが出来ます。

そして。この数ヶ月でようやくまともな体調を取り戻しつつあり。
ようやく気力が途切れることなく、スタミナが途切れることなく午後も仕事できるようになりました。
不眠はまだまだ相変わらずなので、保健セクターにいるのを良いことに(笑)得た薬の知識で
筋弛緩剤を手に入れたり。まだまだストレスフルな時期が続くので、乗り切れるように、と。

実は、このまえ友人から震災ボランティア、という話を振られ、一瞬詰まりました。
力仕事でも、子どもを抱きしめてあげるのでも、できることなら…という想いも。
けれど彼と違って私は医療も何も「ど」素人だということを自覚していて。

開発業界に携わっていて、特にこういう紛争地域にどのように振舞ったら良いのかを知らない
「善意」や「好奇心」の所謂「素人」の人が入って、何かあったときに
我々が仕事ができなくなる、ということを嫌と言うほど知っています。
私たち自身に何かあったときにも「国際問題」となるので、危機管理、安全管理は怠らない。
下手なセンチメンタリズムや使命感で非常時に退避しないとかいうことをしない、
という心構えもして、毎回現地入りしています。

だからこそ、今、この場で「いいね、行きたい!」と言えない。そんな自分に歯がゆさも感じました。
せめてフラワーレメディのプラクティショナーの資格を持っていたら使えたかもしれない。
彼にも言いましたが、その後かなりどうしようもない自分に凹んだりもしました。

でも。今、この場所で、与えられている目の前のことを「普通に」こなしていくこと。
それが今精一杯私のできることなんじゃないかと、ようやく気力が戻ってきた今、思います。
平和の「道具」になること。苦しみ、悲しむだけでなく、心に祈りを抱き、精一杯前向きに
今のこの瞬間に関わっていくこと。

「支援」というものと直接関わっていないかもしれないけれども。
私たちが笑顔を取り戻すことが出来れば、その笑顔は確実に周りに伝染する。
そうして拡げていくことができれば、きっとその笑顔は「平和」を作っていく。
私たちの笑顔を、広げていきませんか。

悲しんだり、嘆いたり、怒ったり、そうするだけではなくて、
大丈夫、日本はきっと大丈夫、というポジティブなエネルギーの笑顔を、
不安でたまらない周りにも、関係なさそうに見える人たちにも拡げていきませんか。

小さな輪が、少しずつ、大きな輪にいつかなるかもしれない。ならないかもしれない。
でも私の周りが、幸せに、平和になりますように。手をつなぎましょう。

笑顔を、咲かせていきましょう。
スポンサーサイト


  1. 2011/03/24(木) 03:58:29|
  2. 祈りとともに|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<アフガン便り3 その5 アフガニスタンに春が来た! | ホーム | アフガン便り3 その4 アフガン新年です>>

コメント

あなたの場所で

あなたのできることをやっていただければ、それで結構。
日本は任せなさい。そのかわり、アフガンは任せた(笑)
  1. 2011/03/30(水) 21:24:08 |
  2. URL |
  3. てつ #-
  4. [ 編集]

Re: あなたの場所で

てつ

ありがとう。結局GWのことも、上記理由等々で迷ってるよ。
善意で行きたい人を否定するわけじゃない、けれどその人らが帰った後の残余業務やらを考えると、
「助けたい」が受け入れ側の負担になる可能性も否定できない。

結局「私がすべきこと」は何なのか。
すごい迷ってます。ほんとに。


> あなたのできることをやっていただければ、それで結構。
> 日本は任せなさい。そのかわり、アフガンは任せた(笑)
  1. 2011/04/27(水) 10:21:57 |
  2. URL |
  3. Mayte Therese #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maytetheresemain.blog27.fc2.com/tb.php/667-ee9b7bac
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。