FC2ブログ

Tous les jours Bon Chic

毎日少しでもいいこと探し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アフガン便り3 その2 「仕事」三昧:コンサルタントである私

2011年はアフガン出張から始まり、現在2つ目のプロジェクトで大奮闘中なMayteでございます。

久々に以前やっていた教師教育のプロジェクトのスタッフとも再会し、気心の知れた仲間と一緒に働ける喜びをかみ締めつつ、早くもダイクンディ(ダイクンディというハザラ人が多い地域の人)とカウンターパートにからかわれ(苦笑)、新しく一緒に働いているナショナルスタッフにも「バーミヤン出身(バーミヤンはハザラ系が多い)でしょ(笑)」とからかわれ。

相変わらず「溶け込め」路線を突っ走っている…と言った感じでしょうかね~。

さて、現在のプロジェクトは保健案件なのですが、アフガニスタンに関わらず政治的に安定しないいわゆる途上国の中の多くの国では、色々なことが起きます。あり得るのが政変。エジプトで今も起こっているような政変は、民衆の不満が爆発して起きることです。アフガンにしても対岸の火事ではなく、求心力のなくなってきているカルザイ大統領。下院議員選挙も行われ、ようやく国会も開催されましたが、下院議長はまだ決まりません。国会の開催も、選挙の不満が多くの候補者にあったため、かなり開催を延ばしていましたが逆に色々な圧力から、急に開催する運びとなったり、本当にいつどんなイベントが起きることやら、と言った感じです。

そんな中でプロジェクトをしているのですが、二国間援助の場合、多くのカウンターパートは省庁関係者。彼ら自身が民衆の声、不満、評価というものを非常に気にしながら政治を摂っています。現場にいるとそれをひしひしと感じます。ある意味「可哀想だなぁ(汗)」とすら思いますが、そうばかりも言っていられないのが我々です。

例えば、直面する大事件、というのは、例えば色々な討議を重ね、協議を重ねてプロジェクトとカウンターパートで実施する計画を企画し、多くの会議で承認を得て、いざ実施!となった時にちょうど今のようにようやく国会が開催、Actingで執務をしていた保健相がようやく正式に任命されることになる!となった場合。一番気にするのは、民衆の声、不満です。その計画が、いくら革新的で、効率を重視してこれからのサービスを充実させるものだとしても、保健施設を閉めることはそのコミュニティの不満を高めるわけです。首都というのは幸か不幸か民衆にとって管轄省庁にダイレクトにアクセスできるわけで、良くも悪くも省庁にとってはその彼らの行為は脅威になるわけです。

で、まぁそうすると色々な計画はおじゃんですわな。
往々にしてあることではあります。その中で、限られた範囲内で最大の効果を生み出すには自分たちは何をすればよいか、また何が出来るか、どんなリソースを掘り出すことが出来るか。それを考えるのが我々コンサルなわけです。

…現在まさに上記のようなことに直面しており、色々な計画を変えざるを得ず、しかも何とかその中で本当に必要なものを提供する術を探して、毎日生データを集計したり、レポートに首突っ込んだり、政治的な駆け引きをカウンターパートとしたり、頭をひねって方策を考えたり、かと思えば、新しく入ったナショナルスタッフの教育と意気込みをうまく活用しながらなんとかon trackに持っていこうとしたり。…こんなに就職してからデータと格闘したことがない、こんなに政治的な駆け引きを表立ってしなければいけない立場になったことない…というくらい大奮闘です。

去年のラオス案件を必死に回していた辺りで「開発コンサル」としての「仕事振り」ということに一応自分なりの心積もりができてきていたところではありますが、いや、まさか、こんな無茶振りなプロジェクトにいきなり途中から参戦するとは思いもせず。自分の中で「コンサルとは」というものがあってよかった、とつくづく思ったりします。はい。

このアフガンではなかなか本当の現場に出ることは難しく、治安の面からサイトに行くことも制限されています。でも、その中で専門家として何が出来るのか。この限られた範囲:行動、活動、政治的側面、得られる情報、まだ眠っているソース、そういうものを総動員して、この国の保健システム、この国の保健サービスのために何が出来るのか、また何を求められ、何をすべきなのか。それを検討し、提案し、実施の手伝いをする。それが私たちの仕事なのだと、部屋に帰ってからもデータと向き合いながらしみじみと感じている昨今です。

いやー・・・けど、ハードはハードやわ。
ふぅ。
スポンサーサイト


  1. 2011/02/10(木) 04:00:46|
  2. Afghan 09-11|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<アフガン便り3 その3 アフガンの冬、再び | ホーム | アフガン便り3 その1 新プロジェクト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maytetheresemain.blog27.fc2.com/tb.php/654-595450ed
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。