FC2ブログ

Tous les jours Bon Chic

毎日少しでもいいこと探し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Heal Thyself

バッチの講座を受ける前から、つまりラオスのプロジェクトで働きながらずっと感じてきたことがある。

それは、西洋医学へのラオスあるいは自分たちの傾倒、という傾向。

もちろん、それが間違っていると言うつもりはないし、それを否定するわけではない。けれども「西洋医学至上主義」によって、今まで「知恵」として蓄えられてきた「伝統医療」の崩壊は、実際に起きている。

もちろん伝統医療の中には「医療」ではないいわゆる迷信も混ざっているけれども、自分たちの住む地域に合わせて蓄えられてきた知識・知恵というものは往々にして「新しく研究しなおす」必要のある医学にとって参考になることも多い。いわゆる宗教的見地からそのようにしなければいけない、習慣だからそうしなければいけない、などなどのこともあるのだろうと思うけれども。

その「知恵」の崩壊によって若い世代には伝えられていない「知恵」、西洋医学至上主義、という傾向が「医者対患者」においても新たな社会的階級を生み出し、「Patient Centred Care」というさらに「西洋で発達した」新しい概念をまた輸入しなければいけないような状況に陥っている。これではいつまでたっても、西洋に端を発したものを受け入れている国は「西洋に追いつくためにいつまでも走っている」という状態だ。

それでいいのか?ということを強く強く感じていた。
もちろん、自分は「病院」の恩恵にあずかっているし、今この瞬間も、発見されなければ数年後には命の危機に陥っていたかもしれないという状況にあるのでそれがどう、ということではないが、「物質」としての人間の体を「治す」ことと同時に「魂の入れ物」としての自分をも意識しなければいけないのではないか、ということを考えるようになった。

それが冒頭のタイトル、Heal Thyself。
己の身体と言うのは、「魂」というものを入れるための、この世における「神からの借り物」。身体を通して活動を行うための物質的なものである。だからこそ「両方」を大事にし、両方をケアする必要がある。

今の医学の技術進歩というのは主に「物質的な身体」に症状が出た時、それをどのように「治す」のかというところに重点が置かれているが、「魂」に重点を置いていくことも並行させていかなければならない。

Health:この言葉には「Heal」という「癒す」という言葉が入っている。健康というのは、癒された状態を表すことなのだと理解している。自分でわかる、一番自分が分かるのは自分の「魂」の状態。だからこそ、自分の魂は自分で磨いて、クリアな状態にしておくことが、病を防ぐことにもなるのではないかと思う。

…と、つれづれなるままに。ひぐらし。
スポンサーサイト


  1. 2010/12/10(金) 21:50:34|
  2. Health|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Heal Thyself 2 【汝、自分自身を癒せ】 | ホーム | バッチ・フラワーレメディ レベル1 修了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maytetheresemain.blog27.fc2.com/tb.php/650-b3a5f01d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。