FC2ブログ

Tous les jours Bon Chic

毎日少しでもいいこと探し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「国柄」か「個人の性格」か

ここに愚痴を書くのはあまりよろしくないと思いつつ。

うちのジャイアンは非常に「約束」にルーズです。
…どうルーズかと言うと。

例1)「いついつ来る」と約束する。来られなくなる。→とりあえず遅刻する(1時間くらい?)…連絡がないので、私にとっては何が起きたのか、いつ来るのかが分からない。とりあえず電話してみる。電源切れてる!!!!!!…仕方ないので待っている。

→これに対する彼の反応「結局来たんだからボーペンニャン!(問題ない)」そういう問題かい!

例2)いついつ来る、と約束する。来られなくなる→連絡がない!!!
この場合、大概電話の電池が切れて連絡ができない or プリペイドのお金がない。人に借りられる状況にない!で、結局私が電話する。「ごめん、今行かれない~~~」→私、キレる。

例3)Skypeで待ち合わせる。その時に、インターネットのモデム(USB)が自宅にない(お兄さんが持っていて、会社から帰ってこない)。元同僚に出逢って(長いこと会ってなかった)、久々に遊びに行った。またまた連絡がない!(できない?)

→お兄さんが帰ってきたらSkypeすればいいや~。と思ってる。それに対して私、キレる。


…これを、個人的な性格の問題だというのはすごく簡単。でも、文化的背景を考えてみると意外に時間にルーズで、約束をたがえたことに対しても「問題ないよ」と破られた方が許容してしまう(それが美徳?)という部分をどこでも感じる。だからそこが甘くなってしまう、という悪循環(と、私は思う)がある気はする。育った環境がそうであれば、それは間違いなく「個人的な性格」に反映されてくる。

…でもパパママもお兄ちゃんも、割とそういうところ…きちんとしてるんだけれどなぁ。

ので、個人的な性格だけに留まらないと思うんだよな。そういう背景も踏まえたうえでどうやっていくのかを考えていかないと、二人基準というのは作れない気がする。お互いが育った環境が違う、というのは日本人同士でもあることだけれども、それが国を超える、文化を超えるとさらにその差が広がる。日本人同士ですら違うのに。

「○○人」という色付けをしなければいいのだろうけれども、そうすると、分かりにくいことが多い。「なんでこういう反応になるの?それはあなたの性格に問題がある!」というよりも、それは例えばその人の住んでいる環境、育った社会、そういったものがその人の性格形成段階で環境要因として働いていることが多いわけなので、それを「色眼鏡で」はなく、その人を知る、という観点から理解することで背景が分かりやすくなる…ということではあるように思う。それだから余計にその人を知ることができるのではないか、解明できることがあるのではないか。

例を出したけれどもジャイアン自体は決して悪い人なのではない。約束を軽んじているわけでもない。…私にしてみたら軽んじているように見えるし、言葉の端々に私が置いているよりもweightが軽いことがたまに見えることもあるけれど(笑)それが、時間の観念や約束といったものに対する認識が違うだけで。それは、いわゆる社会的にそういう要因があるからで。

だったら「じゃぁこういう考えなのね。でも私はこう思うから、二人で基準を作りましょう」と、なるのではないかなあ…。

いわゆる「国際恋愛」となって「○○という国出身なので、こういう文化的背景があって」と言うと、「そういう国出身だから…というのは理解できません。個々人です」と言う人も結構いるけれど、その人を形成している文化的・環境的要因というのはあるわけで…それもその人の一部になっている。一般化することはよくないけれど。

その人を知ろう、深くかかわろうと思ったら、その人の文化的背景・社会的背景・環境要因をも知ることがその人の考える方法や何かを知る手がかりになることは確かだと…思うんだけれども。それは色眼鏡を持ちかねないことにもなる。

だったらその人「だけ」に体当たりすればいいのか?というとそういうわけでもない。

うーん。わけわからなくなってきたよ(汗)
スポンサーサイト


  1. 2010/09/25(土) 14:40:21|
  2. 日々の徒然|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<シンプルに行こう | ホーム | Raqs Sharki-いつか踊りたい!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maytetheresemain.blog27.fc2.com/tb.php/642-79c995a4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。