Tous les jours Bon Chic

毎日少しでもいいこと探し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アフガニスタンというこの国で

昨日から、外回りが始まっている。隠れ人見知りな私にとっては、かなりな精神的な負担。しかも、ドラフトファイナル+次のフェーズの基礎資料になる。基礎資料がしっかりしていないと。

身震いがする思いがする。

コンサルという身分だからこそ、カリキュラム局にアポなしで乗り込んでいかれるし、教師教育局で偉そうな口が聞ける。

でも、よく考えてみたらこの仕事、本当にこの国の教師が指針とする教科書ガイドを作る仕事なのだ。それを思うと、怖い気もする。

以前、「大きな歯車にはならなくてもいい。でもこの歯車がないと機械が動かないという、小さな歯車になりたい」。そういう目標を掲げていた。それをつい昨日まですっかり忘れていた。

私はとうとう、アフガニスタンというこの国で、その小さな歯車としてこのプロジェクトに関わっているのだ。「ガラスの仮面」でマヤが、高校の演劇部に客演するとき、「役者はその舞台の一部。石垣の石のひとつ。ひとりで芝居をしてはいけません」という月影千草の言葉を思い出すくだりがある。まさにそのとおりなのだと思う。チームで動くとき、私はチームというお城の石垣の石なのだ。

今私がやっていることは、ファイナルに名前が載るわけではないし、教師用教科書ガイドに何か出るわけでもない。翻訳をするわけでもなければ、何か大きな仕事をするわけでもない。でも、私が動かないと、誰も調べないし、仕事がはかどらない。

ナショナルスタッフに渡した仕事も、大ばか者めが。まったく。進んでないし。

私のリストチェック、後2サイト+1500人分。これをあと2週間であげないといけない。誰かに任せると、詰めが甘いのが怖いので任せられない。なんたってこれ、金額チェックも兼ねてるんだから。

そう考えると、はうぅ。なんだか2週間たって軽く疲労気味。明日は半日。木曜日は5の日なので。6の日の金曜日はお休みです。

今日からスレイマンが私のアシスタントです。すげー。

勉強しているのと、仕事しているのでは、ぜんぜん感覚が違います。勉強しているときと言うのは、自分のトピックは全容が見えている(のか?)わけなのだけれども、仕事していると、私みたいに途中からプロジェクトに参加していると、鳥瞰図が見えない。そうすると自分の調査がなんのためなのか分からなくなってくる。

本当にぜんぜん違う。机の上のお話をいかに紙からモノにするのか。そしてそれをするにはなにができるのか、しないといけないのか。それを考えないといけない。 人との関係、クライアントとカウンターパート、お金の流れ。

頭痛くなりそう。

そうなんだ。本当に、中に入ってみないと、いかに自分が知らなかったかということを身をもっては知ることはできない。

コンサルというのは、国連機関等よりももっと近いところにいる。ナショナルスタッフと毎日顔を合わせ、ワークショップを自分たちが行い、オペレーションの現場に出向く。上司として、ナショナルスタッフの責任を背負う。

…コンサルも悪くないね。

この国に来て、いまだにいつも4WDで移動するからか、銃弾や崩れた家が、いまだに現実のものに見えない。むしろ、いわばあまりに自分のいた世界とかけ離れすぎているからかもしれない。けれども、初めて大きな銃を肩に背負ったセキュリティをたくさん見たときには、あまりに違いすぎて唖然となった。怖かった。うちのゲストハウスのセキュリティも、大きな銃を持っている。何かあったら、あれでドン、だ。

この前、何日か前にもカブールの空港近くのジャララバード通り(ISAF:治安維持部隊 や、米大使館等のあるところ)にロケット弾が着弾した。南部ではISAFの部隊で兵士が死んだ。

毎日毎日、ごみの山をあさる人や動物を見る。通りでは、子供たちが車に群がる。靴磨きの箱を抱えた少年が、薄着で歩いてる。ブルカを被った女性が、道端に座り込んで物乞いをしている。信号のない通りで、警官が一生懸命交通整理をする脇に、銃を構えたアフガニスタン兵が立っている。この前農業省に行ったときには、なんだか知らないけれど、なぜか入り口で引っかかった。J○CAだつってるのに、なぜか。すごい怖い思いをした。

うまくまとまりません(笑)

要するに。色々なことを頭の中にどんどん埋め込みすぎて、けっこうフロー気味ですが、結局疲れながらも充実してます。ってところでしょうか。

東京に帰ったら、最低気温もプラスなんだろうなぁ。

…タイツいらないのか。すげーな。
スポンサーサイト


  1. 2007/01/18(木) 03:51:56|
  2. 仕事|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1
<<私の、武器? | ホーム | アフガニスタンの中の…ジャパニ?>>

コメント

とにかくちゃんとご飯食べるんだよ!v-375ちゃんと寝てね☆

台北よかったよ。また行けるといいな...。何でもゆっくりじっくりの人と年末年始5日過ごして、さらに台北でちょっとぼーっとして。自分の生活のいい見直しにもなった。

ちょっとまた疲れ気味。とりあえずご飯ちゃんと食べて、よく寝ないとねe-415
  1. 2007/01/19(金) 15:10:53 |
  2. URL |
  3. もゆこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maytetheresemain.blog27.fc2.com/tb.php/284-ff8534d3

アフガニスタンアフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、西アジアの内陸に位置する多民族国家。首都はカブール。17世紀にパシュトゥーン人が開いたドゥッラーニー朝をもとに形成された国家であるが、パシュトゥーン
  1. 2007/07/29(日) 16:16:09 |
  2. 『世界の国々』
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。